東レ・アムテックス株式会社

東レ株式会社

タフバインダー® 湿式材料ひび割れ・剥落防止工法

タフバインダー®

あらゆる湿式材料のひび割れ・剥落抑制効果を発揮

古くから繊維の効能(つなぎ効果・ひび割れ抑制効果・応力分散効果など)は認知され使用されてきましたが、物性をあげるために添加量を多くしたり、繊維の長さを長くすると「ダマ」が発生し「作業性の阻害」「仕上げ面への繊維の飛び出し」などの問題が起こりやすくなり、添加量を抑えて使用されてきました。
タフバインダー®は繊維単体での分散性の確保に努めた結果、今までの常識を破る「添加量」が可能になり「モルタル」などの諸物性向上に寄与する事が出来るようになりました。

標準調合手順

現場調合モルタルの場合
  • (1)砂にタフバインダー®と水を配合し、ミキサーで1~2分間練り混ぜる。
  • (2)セメントと残りの砂・水を配合し、2~3分間練り混ぜる。
既調合モルタルの場合
  • (1)少なめの既調合モルタルにタフバインダー®と水を配合し、ミキサーで1~2分間練り混ぜる。
  • (2)残りの既調合モルタルを配合し、2~3分間練り混ぜる。
生モルタルの場合
  • (1)ミキサー車にタフバインダー®を投入し、3~4分間高速回転させる。

・練り舟による手練りの場合も同じ要領で進めて下さい。
・タフバインダー®は親水性繊維なので、事前に水につけると容易に分散(解繊)します。
・特記仕様の場合はあらかじめ試験を行い適性をご確認下さい。
・タフバインダー®入りのモルタルはふつうのモルタルと同じ要領で施行できます。
・使用条件によっては若干のひび割れが発生する場合があります。

タフバインダー® 使用量の目安

品名 サイズ 対象 g数
1:3モルタル 15mm セメント1袋 1袋 50g
1:2モルタル 10mmまたは15mm セメント1袋 1袋 50g
1:1モルタル 5mmまたは10mm セメント1袋 1袋 50g
木造用軽量モルタル 15mm 軽モル1袋(25kg) 1/2袋 25g
基礎レベラー 5mmまたは10mm レベラー1袋(25kg) 1/2袋 25g
<下地調整>
塗厚 10mm以上 15mm 補修材1袋(25kg) 1/3~1/2袋 17~25g
塗厚 3mm~10mm 10mmまたは15mm 補修材1袋(25kg) 1/3~1/2袋 17~25g
塗厚 3mm以下 5mm 補修材1袋(25kg) 1/3~1/2袋 17~25g
石膏プラスター 10mmまたは15mm 既調合1袋(20kg) 1/2袋 25g
<仕上材>
現場調合 しっくい 5mm 消石灰(25kg) 3~4袋 150~200g
既調合 しっくい 5mm 既調合1袋(25kg) 1/3~1/2袋 17~25g
溶剤系 仕上げ材 5mm 1缶(20kg) 1/5~1/3袋 10~17g
<タイル張付モルタル>
モザイクタイル 10mmまたは5mm セメント2袋+硅砂5号1袋 1袋 50g
二丁掛けタイル 10mmまたは5mm セメント2袋+硅砂4号1袋 1袋 50g

・張付モルタルの調合は代表例で、既調合製品は1袋に1/2袋が目安です。
・上記の添加量はあくまで初めて使用される方々への目安です。

タフバインダー®の特性

1. フロー(柔らかさ)が高い場合は良く分散しますので、厚みによって長さを変えて下さい。

2. フローが低い場合は繊維長を1ランク下げて使用すれば分散が確保できます。
・塗厚によって繊維長が変わりますが(厚い→薄い=15~5)、硬さによっては繊維長を短くして下さい。
・塗厚が厚い場合でも固練りの場合は、10mmでの使用も考えて下さい。職人さんの好みの柔らかさが違いますので、最初は何種類か試して下さい。

・繊維長を短くしても性能に大差はありません。ちなみに、タフバインダー®50gで15mmは500万本、10mmは750万本の繊維数です。

<塗厚と繊維長の関係>
塗厚:薄い→厚い=繊維長:短→長

上記以外の使用の際は必ずご相談下さい。

このページの先頭へ